授かりごはん1

授かりごはん1

 

”妊活”を始めようと思っても何から始めたら良いのか、

どんな事に気をつければ良いのかすごく悩ましいと思います。

まずは食生活を見直してみませんか?

【医食同源】

英語でも“You are what you eat.“ 直訳すると、

「あなたはあなたの食べるものからできている」ですが、

健康は食べ物から、という意味です。

妊娠から出産、出産後も考えると食事はとても重要になります。

おいしく食べて妊娠しやすい身体づくりを目指しましょう!

 

本日は手軽に作れるご飯をご紹介いたします!

妊活といえば・・・葉酸!

一度は聞いたことがある”葉酸”。

葉酸とは、ビタミンB12とともに赤血球の生産を助けるビタミンです。

また、細胞の生産や再生を助けることから、体の発育にも重要なビタミンです。

細胞の分裂や成熟を大きく左右するため、特に胎児にとっては重要な栄養成分であるといえます。

とくに妊娠初期にたくさん必要になるのでいまのうちから積極的に摂りたい栄養素です。

葉酸が含まれる代表的な野菜は、ブロッコリー・アスパラガス・ほうれん草・春菊など

緑の野菜です。また、納豆・アボカド・レバーなどにも多く含まれてます。

手軽にスーパーで見つかりそうですね!

まず一品目は・・・”ネバネバ“

納豆、オクラ、山芋、キムチを乗せた一品です。

もし、苦手な食材があれば量を減らし、上記の葉酸食材を加えても良いと思います。

今回はごはんの上にネバネバ食材を乗せたどんぶりになりますが、

うどんやそばの上にかけるだけでもツルッと召し上がれるので食欲がない時でも頂けますね!

 

ネバネバ=東洋医学的には陰を補う働きがあります。

陰=水(津液)、身体に必要な潤い。

ただ単に水を飲めばいいと言うわけではありません。

加齢と共に不足しやすく、陰が不足すると喉の渇き、肌の乾燥、寝汗等‥

さらに“おりもの“の不足にもつながります。

皆さんは排卵日が近くなるとおりものが出ますか?

排卵日が近くなると白くドロっとした“ネバネバ“のおりものが出てきます。

このおりものは、精子を子宮内まで運び、卵子と出会うために働きます。

つまり受精をサポートしてくれているのです🤍

ぜひネバネバ食材を取り入れ、”陰のエネルギー”を増やしていきましょう。

 

 

 

>> オリジナル不妊治療法について

---------------------------------------------------

不妊鍼灸治療院セラキュア

住所:東京都品川区上大崎2-24-10 島田ビル3F
目黒駅 徒歩2分・恵比寿駅 徒歩15分

TEL:03-3491-4589

>>ご予約フォーム

---------------------------------------------------

 

英語ページ english