待合室に春風が吹きました。

待合室に春風が吹きました。

待合室の季節のお花

三寒四温で、少しずつ春を感じる日々が増えてきましたね。

セラキュアの待合室のお花も春らしくリニューアルしました。

IMG_0252

IMG_0253

 

今回のテーマは『野山の春風』です。

「山に咲く満開のレンギョウと八重桜をイメージしてみました。

鮮やかな黄色と華やかなピンクが、あたたかな春の訪れを告げています。

かすかに見え隠れしている薄紫の小さな花はベルテッセン。

ベルのようなふくらみを持った愛らしい花です。

重たいコートを脱いで身も心も軽やかに、春を楽しんでいきましょう。」

と、華道家・島田光和さんからメッセージをいただきました。

 

 

公園や並木道の桜ではなく、野山に他の草木と一緒に咲いている桜は、眺めているとふわっとそよ風が吹いてくるような錯覚を覚えます。

島田光和さんの渾身の作品をお楽しみ下さい!

赤ちゃんに出会うためのライフスタイル:3月の注意点&お灸のツボ

妊活:今月の注意点

ポカポカと温かい日も増え、春を感じる3月。

一日も早く赤ちゃんに出会えるように、3月は下記のことに気を配りながら治療後をお過ごしください :-) 

★3月〜4月にかけては、気圧の変化や生活環境の変化によって、自律神経の乱れが生じやすい季節。ホルモンバランスが乱れる他、胃腸・睡眠の不調やイライラ・気分の落ち込みなどの精神的な不調も現れやすくなります。自律神経は規則正しいリズムが大好き。春は運動も兼ねて同じテンポでリズミカルにウォーキングをするのがオススメです。

★温かくなってはきたものの、まだまだ夜は肌寒さを感じます。春に合わせた薄着のファッションをしてしまうと身体が冷え、自律神経を乱れさせてしまいます。足元を冷さないようにし、インナーやセーターを春物に変えて、コートの脱ぎ着で温度調節ができる服装にしましょう。

★早い方は2月から花粉症に悩まされるのではないでしょうか? アレルギーには免疫バランスが関係しています。免疫バランスを整えるには腸内環境を整えることがとても重要。これはアレルギーだけではなく、妊娠力アップにもつながります。小麦製品や砂糖、乳製品の摂り過ぎは腸内環境の悪化を招きますので気をつけましょう。

 

3月の灸点 「次髎 じりょう」

3月は「次髎」がおすすめ。場所はお尻の割れ目の上部にある、仙骨という逆三角形の骨の上。仙骨には左右4個ずつ仙骨孔という穴が開いており、上から下へさすって二番目に触れる仙骨孔のくぼみが次髎です。ピンポイントで見つけるのが難しければ、仙骨の上を押して気持ち良く感じる場所で大丈夫です。

 

次髎

 

仙骨は気分を落ちつかせて内臓の働きを高める「副交感神経」と大きな関係があります。次髎を刺激することで自律神経のバランスが整うため、不妊、月経不順、生理痛の治療には欠かせないツボです。旦那様にお灸をしてもらったり、自分ではカイロで温めたり、マッサージしてみてください。

さらに次髎は骨盤内の血流をグンと促進する効果があります。卵子/卵胞の発育を助けたり、内膜の成長を促してくれるため、妊活中にはとてもおすすめのツボです。

東洋医学では、四季折々に適した生活を送ることによって健康を保てると言われています。

3月は、リズミカルなウォーキングと次髎へのお灸で自律神経のバランスを整えましょう。