目の使い過ぎが不妊の原因になっているかもしれません。

目の使い過ぎが不妊の原因になっているかもしれません。

不妊症克服!〜日常生活〜

仕事でパソコンを使い、一日中目を使いっぱなし、

暇があるとスマートフォンを見てしまい、目を休めることが無い。

こんな生活を続けている方、多いのではないでしょうか?

目を酷使することは、疲れ目や視力の低下のみならず、

頭痛や首肩こり、慢性疲労など、様々な不調の原因を作りだしています。

 

しかも、目の使い過ぎによって、妊娠力の低下につながるリスクもあります。

本日は目の使い過ぎと不妊症の関係について、東洋医学的な視点からお話しさせていただきます。

 

東洋医学では、目の使い過ぎは「肝」の機能を弱めることになります。

「肝」は血液を貯蔵し、全身の血流量を調整し、気=エネルギーを巡らせる働きを担っています。空港の管制塔のような役目ですね。

「肝」が弱まることにより血流が悪くなったり、エネルギーが滞りやすくなります。

また、「肝」はストレス処理にも関わるので、イライラしやすくなったり怒りっぽくなったりもします。

 

何よりも妊活中の女性にとって一番気になるのは、目の酷使によって「血」の消耗が激しいということです。

「血」の消耗により引き起こされる症状は、目のかすみ、顔色が白くなる、不眠、めまい、不安感などがあります。

血の流量が減る、ということは流れる勢いも弱まるので、お血(ヘドロ血)が溜まりやすくなります。

排卵、月経が不規則になりやすいこと、そして子宮内膜のクオリティが下がることなど、妊活中の女性にとってマイナスになることが増えてしまいます。

 

パソコンやスマホ、タブレット、テレビを見ている時間を極力減らす、細かい活字や数字を見る時間を減らすなど、できることから始めてみてください。

 

それでももし目を使いすぎてしまったときは、下記のようにきちんとケアをしてあげましょう。

 

蒸しタオルでアイマスク

夜、睡眠前に温かい蒸しタオルを作って目の上にのせてあげます。

目周りの筋肉の血流を良くし、疲れがとれます。

※目が充血している場合、炎症がある場合には冷蔵庫で冷やしたタオルをのせる方が効果的です。

 

目の周りのツボ押し

目の周りにはたくさんのツボがありますが、

その中でいくつか目の疲れに良いツボをご紹介いたします。

 「攅竹(さんちく)」

眉毛の鼻側の端、眉毛の生えはじめのところ。親指で押すとへこんだところがありますが、そこが「攅竹」です。眼精疲労や視力回復、頭痛などにも効果あり。

眉毛の生えはじめのところを斜め下から押し上げるように押して下さい。痛気持ちよいくらいが丁度良い圧になります。目が疲れた時には、ゆっくりと5秒くらい押してあげて下さい。

「太陽(たいよう)」

こめかみからやや目尻よりのところ。指で押しながら口を噛むように動かすと筋肉が動くのが感じられます。目の疲れだけでなく頭痛や顔面神経麻痺にも効果あり。

親指で5秒くらい押して、休んでまた押すのを何回か繰りかえしてください。

「天柱(てんちゅう)」

首の後側、後頭部の髪の生え際。首の中央、へこみの両側にある筋肉の外側にあります。首肩こりやめまい、偏頭痛などにも効果あり。

頭全体を両手でおさえながら親指で上に押し上げるようにゆっくり5秒くらい押して、休んでまた押すのを何回が繰り返してください。

上記のツボ押しをする時には、ゆっくりと息を吐きながら行なうとリラックス効果も倍増します。

 

妊娠力にも大きく影響を及ぼす目のケア。妊活中に眼精疲労やドライアイの症状が出たら、不妊治療と同時に治療をすることが可能ですので鍼灸師までご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

妊活中のおやつ選び「チョコレート」

不妊症克服!〜おやつ選び〜

妊活中はあれこれ気をつけることばかりでストレスがたまりがち・・・

ストレスを溜めるのはよくないもーん!とおやつをバクバク食べている方、ちょっとお待ちください!

よく口にしているそのおやつが妊娠力にどう関わってくるのかを知ることで、賢くおやつを選んで、ストレスの少ないベビ待ちライフを過ごしていただきたいと思います。

 

妊活中の賢いおやつ選び、今回のテーマは。


「チョコレート」 
オススメ度 ★★☆☆☆


チョコレートは、カカオ豆を発酵・焙煎したカカオマスを主原料に、カカオ豆から搾りとったカカオバター(ココアバター)を加え、さらに砂糖やミルクなどを混ぜて練りかためた食品です。
※ちなみにカカオ豆の搾りカスがココアです。

チョコレート


この甘い甘いチョコレートは1876年頃にスイスで開発されましたが、それ以前まではなんと「薬」として扱われていたそうです!


その頃は現代のチョコレートとは違い、砂糖など何も入れずカカオ豆をすりつぶしただけの苦ーい飲み物だったそう。


「良薬は口に苦し」と言いますが、16世紀のヨーロッパの書物にはチョコレートの効用が100以上も記されていたほど。お菓子のイメージが強いチョコレート…今では想像がつきませんね。


さて、現在のチョコレートは妊活おやつとしてどうなのでしょうか?


一般的な板チョコレートの原材料

砂糖・カカオマス・全粉乳・ココアバター・レシチン・香料

栄養成分(50g/1枚)
・エネルギー 279kcal
・タンパク質 3.9g
・脂質 17.4g
・糖質 25.9g
・食物繊維 1.8g
・ナトリウム 30mg
・カカオポリフェノール 410mg

原材料では一番最初に「砂糖」が記載されています。つまり配合量が一番多いということ。
成分に含まれるタンパク質や食物繊維は微々たるもので、8割以上が糖質と脂質でできているかなり高カロリーな食品であることがわかりますね。


妊活中にチョコレートをバクバク食べると??


・糖尿病や肥満・不妊のリスク上昇
糖分の多いチョコレートは、「血糖値」に大きく影響します。(GI値86)
血糖値の急上昇・急降下を繰り返していると、インスリン抵抗性糖や脂質の代謝に関わるホルモンの効き目が悪くなったり、分泌されなくなる)を引き起こし、糖尿病をはじめ、肥満や不妊のリスクを高めてしまう場合があります。

・冷えの原因にも
チョコレートには「カフェイン」が含まれているため、交感神経を活発にさせ、頭をシャキっとさせてくれます。しかし交感神経は血管を収縮させる作用があるため、血流を悪くさせ妊活に大敵な「冷え」の原因にもなってしまうのです。

・卵子の質低下?
カフェインによって睡眠の質が低下してしまうと、睡眠時に分泌される「成長ホルモン」や「メラトニン」など卵子の成長に必要なホルモン分泌が低下してしまいます。そのため、食べる時間には注意が必要です。

・依存症になりやすい?
チョコレートは、幸せホルモンである「セロトニン」を分泌させ、一時的に大きな満足感を与えてくれます。しかしすぐに消え去ってしまうため反動が大きく、不安やイライラが高まり、またチョコレートが欲しくなります。
さらにチョコレートを食べて血糖値が上がりインスリンが分泌されると、急激に血糖値が下がるため低血糖となります。低血糖状態になると、イライラ・不安・怒り・眠気などの症状が出るため、またチョコレートを欲してしまい食べ過ぎてしまうことになります
依存症となり無意識に食べ過ぎてしまうことで起こる血糖値の急上昇・急降下には注意が必要です。


しかし、昔は薬とされていたほどのチョコレート。良いところもあるんです!


・老化予防の強い抗酸化作用
身体の細胞を老化させる「活性酸素」。この活性酸素が子宮や卵巣に作用すると卵子の質を低下させ、受精や着床に悪い影響を与えます。
チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」には、この活性酸素を除去してくれる強い抗酸化作用があり、その効果は赤ワインの2倍とも言われています。

・ストレスを緩和
肉体的・精神的ストレスがかかった時、カカオポリフェノールを摂ることでストレス反応が軽減されることがわかっています。

・甘い香りでリラックス
チョコレートの香りには集中力や記憶力を高める効果があることがわかっています。神経を鎮静させる効果があるため、緊張を和らげリラックスさせる効果があります。

・セロトニンを増やす
カカオに含まれるテオブロミンという成分には、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の分泌・働きを助ける効果があると言われています。
セロトニンが不足すると、心身が不安定になり鬱や排卵・妊娠などにも影響があることから、妊活中には嬉しい効果です。



ポリフェノールの摂取目安は1日約1000~1500mgと言われています。
しかし、摂取しても3~4時間程度で体外に排出されてしまうので、一度に大量に摂るのではなく1日3回程度に分けて摂るのがベスト

板チョコ1枚に約400mgのポリフェノールが含まれますが、前述のように糖分がかなり多いので1日に3枚も食べるのはオススメしません。


最近では甘さをおさえカカオの配合量を多くしたチョコレートをよく見かけるようになりました。
カカオの含有量が70%以上のもの(ブラックチョコレート)の場合、血糖値に関するGI値が25と低いので、そちらを選ぶようにしましょう。

カカオ70%チョコレートの原材料
カカオマス・砂糖・ココアバター・ココアパウダー・乳化剤・香料

栄養成分(4.8g/1枚) 一口サイズ
・エネルギー 27kcal
・タンパク質 0.4g
・脂質 2.0g
・糖質 1.8g
・食物繊維 0.53g
・ナトリウム 0.12mg
・カカオポリフェノール 108mg 

ブラックチョコレートなら小さな一口サイズのものを1日10枚程度、3回に分けて食べると効率よくカカオポリフェノールを摂ることができます。しかし、カオ含有量が増えると、カフェインも増えるので食べ過ぎには注意が必要です。


まとめ

みなさんがイメージする甘いチョコレートはオススメできませんが、GI値の低いカカオ70%以上のブラックチョコレートであれば、血糖値が急上昇するという点では心配が少ないです。抗酸化作用があるポリフェノールが赤ワインの2倍もあるということも考慮すると、どうしてもチョコレートが好き!という方は妊活中のおやつとして適量を摂取することは悪くないと思います。

しかし、甘さがひかえめなのでおやつとして物足りないこと、一度に食べられる量が少ないので他のおやつにも手を出してしまう可能性があること、カフェインが含まれているというのが気になるところ。

よって最終判定は、妊活おやつとして星2つです。 ★★☆☆☆


少しでも快適な妊活ライフをおくっていただけるよう、今後の妊活おやつ情報にもご期待ください!