セラキュア的旬食養生 ~梅~(黒糖梅ジャム)

セラキュア的旬食養生 ~梅~(黒糖梅ジャム)

不妊症克服!〜食養生〜

今日はをテーマにお話したいと思います。
薬膳的に梅は渋味と酸味を併せ持ち、平(温めもせず、冷やしもしない)の性質を持っています。効果としては、生津(人間の身体に必要な水分を補う)、止咳化痰(咳を止め、痰を取り除く)、止瀉止痢(消化不良による下痢や、不潔な野菜や生ものを食べる事によって引き起こされた下痢を止める)があると言われています。
現代栄養学的には、梅の主成分であるクエン酸に強い殺菌力があり、腐敗を防止してくれるそうです。これからの時期、食中毒の予防に役立ってくれそうですね。その他にも、疲労回復食欲増進整腸作用美肌血液浄化にも効果があるのだとか。
ただ注意点として、青梅の種の中には毒性があります。梅酒の実や梅干しの種の仁などは毒性が弱まっているそうなので大丈夫ですが、生食は避けて下さいね

先日、知り合いの家になっていた梅の実をわけていただきました。
いただいた時は奇麗な緑色をしていましたが、2、3日置いておいたら熟して奇麗な黄色になったので、ジャムを作ってみました。


梅

黒糖梅ジャム
〈材料〉
熟した梅・・・500g
黒糖・・・500g

〈作り方〉
1.梅をよく洗う。
2.茶色のヘタがついていたら、ピンセットでつまみ取る。
3.梅の5~10倍量の水に梅を入れて加熱し、沸騰させる。
4.全部の梅が浮き上がったら梅だけすくいとり、裏ごしをして梅ピューレを作る。


梅ピューレ

こんなに色鮮やかな黄色のピューレができますこれだけ舐めると・・・酸っぱい!!

5.4で裏ごしをした梅ピューレに200~300mlの水を加えて20分くらい加熱し、沸騰させる。
6.5でできた梅ピューレを正確に量り、同量の黒糖を加え、ステンレス鍋に入れ加熱する。
7.少しトロッとなるまで煮詰めたらできあがり。


梅黒糖ジャム

黒糖を使ったのであの鮮やかな黄色濃茶になってしまいましたが、梅の酸味と黒糖のこくが相まってと~~っても美味しいジャムができましたセラキュアスタッフも大絶賛のジャム、皆様もぜひ作ってみてくださいね

できあがったジャムは、熱湯消毒したビンに詰め、脱気煮沸、倒立冷却をしてから保存していただくと長く楽しめますよ
参考までにビン詰め方法も載せておきますね

〈ビン詰め方法〉
1.沸騰させたお湯の中で、ビンとフタを5分以上煮て消毒する。
2.1のビンを熱湯から取り出し、梅ジャムをビンの口いっぱい近くまで注ぐ。
3.沸騰している①の鍋に②のビンをフタをしないで入れ15分程煮る。
4.3のビンを取り出し、しっかりとフタを閉め、今度は逆さまにして5分以上煮る。
5.鍋から取り出し、逆さまのまま冷めるまで待つ。
6.フタの中央がへこんでいるようであればできあがり。

 

食生活・ライフスタイルは人によって様々。当院では一日も早く健康を取り戻していただけるよう、お一人お一人に合わせたアドバイスもさせていただき、妊活をサポートいたします。お気軽にご相談ください。

I様より出産のご報告をいただきました

患者様のお声 〜出産報告〜

I様は、妊娠を希望されて当院にお越しになりました。PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を乗り越え、鍼灸治療を始めて数ヶ月で妊娠されました。

妊娠中はつわりや腰痛、便秘などの症状に対しての治療を行いました。一度逆子になったものの、早めに逆子治療を行ったことで無事に戻り、その後も順調に週数を重ね、ご出産されました。

本当におめでとうございます。

 

①ご出産の時の様子を簡単にお願いいたします。(陣痛・破水・分娩時の状況など)

4/11 0時すぎ自宅にて破水→入院

4/11.4/12 錠剤の促進剤服用し、本陣痛待ち

4/13 深夜2時頃痛みが強くなり、14:30頃点滴の促進剤→16:07出産

②当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化しましたか?

2ヶ月ほどで妊娠しました。妊娠中も様々な不調(便秘、腰痛など)があったので治療していただきとても楽になりました。不安や悩みもきいてくださりいやされました。

③当院に通院して1番よかったこと嬉しかったことは何ですか?

それほど時間をかけずに妊娠でき、その後順調に出産できたこと。

④治療中の過程で、印象に残っているエピソードがあればお聞かせ下さい。

スタッフの方がとても優しくていつもいやされました。汗だくになった時も優しく対処してくれありがとうございました。

⑤同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

PCOSでも妊娠することはできるので前向きに治療していくことが大事だと思います。

 

I様、ご報告ありがとうございました!

image1 (3)

 

I様より妊娠のご報告をいただきました

患者様のお声 〜妊娠報告〜

I様は、もともと学生の頃から月経不順がありました。社会人になってからは月経が止まってしまうことなどもあり、ピルを数年ほど服用されていました。

ご結婚後は、クリニックの検査でPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と甲状腺ホルモンの不足がわかり、お薬を服用して定期的に甲状腺の経過をみながら不妊治療を開始されました。

今までは薬を飲まなければ排卵しなかったものの、鍼灸治療を受けて始めてから、初めて薬を使わずに卵胞が育ち、自然に排卵できたことにとても驚かれていました。この周期では妊娠されませんでしたが、その後も鍼灸治療で体調を整え、次の周期でタイミングにて自然妊娠することができました。

 

①当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化しましたか?

身体のコリや冷えを感じることが減って、楽になりました。色々なアドバイスをしていただいて、ほとんど全てのことを試してみました。

②当院に通院して1番よかったこと嬉しかったことは何ですか?

いつも親身にお話をきいていただけてストレス解消になっていたと思います。前に鍼に通った時は男性で、嫌だったのでずっと汗が止まらなかったのですが、こちらでは安心して寝てしまうほどでした。

③治療中の過程で、印象に残っているエピソードがあればお聞かせ下さい。

無添加のシャンプーがいいですよとアドバイスをいただいて、次の日からシャンプーを変えたのですが、知らなかったのでとてもおどろきました!

④同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

鍼治療をこちらで始める前は何度タイミングを合わせてもうまくいかなかったのですが、毎週こちらに通い、体質改善を図り、約2ヶ月で妊娠することができました。多少お金をかけても、できることは全てやってみるのが良いと思います。

I様、ご報告ありがとうございました!

 

3786BCE5-47DA-4053-BAF1-0E52916E6EF0

 

待合室のお花

待合室の季節のお花

ピンク色だった桜の木が新緑で覆われ始め、春から夏へと季節の移り変わりを感じるようになりました。

待合室のお花も好評だった八重桜から、さわやかな初夏の雰囲気に模様替え。

IMG_5081

テーマは「五月花の詩的世界」です。

「和歌・俳句・詩に至るまで、多くの読み人たちに彩られた五月の花。

その代表的な花である藤・クレマチス・紫陽花を使って詩的な世界を表現してみました。

いずれも今の時期にしか見ることのできない花たち。

令和という名の新時代にふさわしい和み系の花を皆様にお届けします。」

と、華道家の島田光和様よりコメントをいただきました。

IMG_5080

滝のように流れ落ちる藤が、とても上品で素敵ですね。

これから雨の多い季節になってきますが、お花を見るととても晴れやかな気持ちにさせてくれます。

 

皆様も治療にお越しの際はぜひご覧ください。

英語ページ english