赤ちゃんに出会うためのライフスタイル:7月の注意点&お灸のツボ

赤ちゃんに出会うためのライフスタイル:7月の注意点&お灸のツボ

妊活:今月の注意点

あと数週間で梅雨が明ければ、夏本番! 暑さに負けずに元気に過ごしていきたいですね。

一日も早く赤ちゃんに出会えるように、7月は下記のことに気を配りながら治療後をお過ごしください :-) 

★暑くなることで身体の中に熱がこもりやすくなります。しっかりと汗をかいて熱を発散していきましょう。早朝の有酸素運動(ウォーキング)がオススメです!

★冷たい食べ物を避け、夏野菜をしっかり摂りましょう。暑いからといって冷たい物ばかりを口にしていると胃腸の調子を悪くしてしまいます。夏野菜には、身体を冷してくれる効果があり、夏バテを防いでくれるビタミンも豊富。冷たい物を食べるのではなく、夏野菜をたくさん摂って身体の熱を冷ましていきましょう。ただし冷え症の人は、食べ過ぎに注意して下さいね。

★冷たい物をゴクゴク飲まないようにしましょう。どうしても冷たいものが欲しい時には、氷をひとかけら、口に含んでみてください。

★冷房に要注意! 室内では膝掛けやレッグウォーマーなどを使い、下半身を冷さないようにお過ごしください。薄手のカーディガンなども持ち歩いて電車内の冷房対策も万全に! 

 

今月の灸点 「復溜 ふくりゅう」

身体に熱がこもった状態が続くと、身体のうるおい分が蒸発して減りやすくなります。すると自分の力で熱を発散することができなくなり、どんどん身体の熱は増していきます。

そのため7月の暑い季節には、のぼせやすかったり寝汗をよくかくなどの症状がよくみられます。

そんな時には「復溜」がおすすめ。場所は足首の内側にあり、内くるぶしから指3本分上、アキレス腱の前にとります。

復溜にお灸をすえると、身体の潤い分を増やし熱を冷ましてくれます。

さらにこの潤い分は卵子が育つ際に必要な栄養分にもなっていたり、子宮内膜の潤いにも関係しています。のぼせや寝汗の症状のある方はそのままにせず、しっかり改善しましょう。

 

復溜

 

東洋医学では、四季折々に適した生活を送ることによって健康を保てると言われています。

7月は、暑さで熱がこもりがち。潤い分を増やして身体のバランスを整えましょう。

>> オリジナル不妊治療法について

---------------------------------------------------

不妊鍼灸治療院セラキュア

住所:東京都品川区上大崎2-24-10 島田ビル3F
目黒駅 徒歩2分・恵比寿駅 徒歩15分

TEL:03-3491-4589

>>ご予約フォーム

---------------------------------------------------

 

英語ページ english