妊活と豆乳

妊活と豆乳

不妊症克服!〜食養生〜

先日、こんな相談を受けました。

「豆乳を飲み始めたら生理痛がひどくなったように感じるんですけど….」

豆乳は、健康ブームにのって多くの方が飲まれています。

美肌効果がありますし女性ホルモンを整える作用もあるので、たくさん飲んだ方が良いという説もあるようです。

 

しかし、それは本当でしょうか?

 

豆乳は良質のたんぱく質に加え、ビタミンEやサポニン、女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用をするイソフラボンなどを含んでいます。

 

エストロゲンは主に卵胞期に働くホルモンで、卵子を成熟させたり、子宮内膜を厚くしたりするなど、妊娠する上では欠かせない作用があります。

 

ということは、妊活中はエストロゲンに似た作用をもつイソフラボンをたくさん取った方が良い!

…か、というとそうでもありません。

 

それは、エストロゲンが過剰になることでいろいろな不調を引き起こす可能性があるからです。

 

例えば、生理周期が乱れたり、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮内膜ポリープなどの病気を引き起こしたりすることもあります。

 

また、体質によってエストロゲンに対する感受性が強い人もいて、適量を摂っていてもエストロゲンが過剰になることもあり、ますますリスクが高まります。

 

*ちなみに、イソフラボンを吸収しやすい体質かどうかチェックすることが可能です。ソイチェックというキットがamazonなどで販売されており、簡単にチェックできますのでご興味のある方は、試してみると良いかもしれません。

 

豆乳の適量は、1日200ml.までとされますが、飲んでいるうちに何か不調を感じるならば摂取を中止した方が無難です。

 

体質に合った適量を摂取すること、そして不妊治療中はいろいろな食物をバランスよく摂ることが大切。

 

過ぎたるは及ばざるがごとし、です。

健康ブームの中でたくさんの情報があふれています。セラキュアではひとりひとりの体質に最適な妊活中・妊娠中の食生活を見つけるお手伝いをしております。治療の際に、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

>> オリジナル不妊治療法について

---------------------------------------------------

不妊鍼灸治療院セラキュア

住所:東京都品川区上大崎2-24-10 島田ビル3F
目黒駅 徒歩2分・恵比寿駅 徒歩15分

TEL:03-3491-4589

>>ご予約フォーム

---------------------------------------------------

 

英語ページ english