その虚脱感、隠れ貧血かもしれません

その虚脱感、隠れ貧血かもしれません

不妊と関わる病気

疲れやすい・冷え・身体のこり・動悸や息切れ・お肌の調子が悪い・イライラしやすい・落ち込みやすい…など、なんだか調子が悪いな…ということはありませんか?

実はこのような不定愁訴は、貧血によって起こっている場合があるのです。

約3人に1人という多くの方が貧血で、そのうち9割が鉄欠乏性貧血と言われています。

よく、ふらついたり立ちくらみをする印象がありますがそれだけではありません。

鉄は主に「酸素の運搬」「エネルギー代謝」「コラーゲン代謝」「抗酸化酵素の構成」「神経伝達物質の生産」に関わっているため、鉄欠乏性貧血になると様々な不定愁訴が表れてしまうのです。

 

貧血は種類が多く、他の病気が原因で起こることもありますが、今回は割合の多い鉄欠乏性貧血についてお話しますね。

 

見逃されやすい隠れ貧血

赤血球のヘモグロビンに鉄が含まれているため、血液検査ではヘモグロビン値を見て判断します。大体12〜16g/dlが範囲内で、それ以下だと貧血と判断されます。

しかし、ヘモグロビンの数値は問題がないのに不定愁訴がある…。こういった状況はとても多くあるんです。

鉄の貯蔵や濃度の維持を行なうフェリチンというタンパク質があります。

鉄は「フェリチン」→「血清鉄」→「ヘモグロビン」の順に消費され減っていきます。

ヘモグロビンの数値に問題がなくてもフェリチンが減ってしまっていると不定愁訴は起こります。

 

この “ヘモグロビンは正常なのにフェリチンが低下している状態” を『潜在性鉄欠乏』と言います。いわゆる『隠れ貧血』の状態です。

見つけるためにはフェリチンの数値を調べる必要がありますが、通常の血液検査ではフェリチンは検査項目に入っていません。詳しい検査を必要とする場合や、検査項目の追加をお願いする事で検査ができます。健康診断でもオプションで項目の追加ができるようです。

 

女性は月経により鉄が不足しがち

毎月起こる月経。個人差はありますが、1周期の月経で約20〜140mlほどの経血が排出されます。さらに内膜症やポリープ・筋腫などがある場合は、子宮内膜の面積が増えてしまうため、経血の量は300mlほどになることも。

その他、月経以外でも下記のような状況は鉄不足を招いてしまいます。

●出血・潰瘍・血尿などによる鉄の喪失

●胃の切除・胃炎・偏食などによる鉄の供給不足

●成長期・妊娠・授乳などによる鉄の需要増大

毎月起こる月経。女性の場合、気付かないうちに鉄不足となってしまっているかもしれません。積極的に鉄分の補給をする必要がありますね。

 

卵子の質にも影響大!

質の良い卵子を育てるために鉄は重要な働きをします。卵子の質に大きく関わっているミトコンドリアの活性には酸素が必要です。呼吸で取り込んだ酸素は、ヘモグロビンとくっついて全身に運ばれるため、鉄の不足はミトコンドリアの活動にも関わります。

ミトコンドリアについてはこちら

反対に老化を促進し卵子の質を悪くするとされる酸化。この酸化に抗うためには抗酸化酵素が必要なのですが、鉄は抗酸化酵素を作る構成物質となるため卵子の老化を防ぐ役割もしてくれます。

 

黄体ホルモンの分泌にも大切

妊娠を維持していくには子宮内膜を厚くする・体温を上げるための黄体ホルモンが活躍しますが、鉄分はこの黄体ホルモンの分泌に必要な栄養素です。不足すると子宮環境が整わず着床しにくくなってしまうこともあります。

 

妊娠中は約2倍の鉄が必要

妊娠中は多くの酸素を胎児へ送る必要があるので、お母さんは鉄不足となり貧血の症状がより出やすくなってしまいます。妊娠前に比べると、妊娠中には約2倍の鉄分が必要になると言われています。また、貧血のお母さんから生まれてきた子どもも貧血になりやすいと言われています。生まれてくるお子様の成長・発育のためにも妊娠中は積極的に鉄分の補給をしましょう。

 

安産のためにも鉄を

出産の際に貧血状態であると、赤ちゃんへの酸素の供給が減ってしまったり、微弱陣痛になりやすくなると言われています。お産に時間がかかり体力の消耗も激しくなるのは赤ちゃんも一緒です。妊娠前から積極的に鉄分の補給をしておきたいですね!

 

ではどのようにすれば効率よく鉄分補給ができるのでしょうか。

次回のブログでお伝えします!お楽しみに!

 

>> オリジナル不妊治療法について

---------------------------------------------------

不妊鍼灸治療院セラキュア

住所:東京都品川区上大崎2-24-10 島田ビル3F
目黒駅 徒歩2分・恵比寿駅 徒歩15分

TEL:03-3491-4589

>>ご予約フォーム

---------------------------------------------------

 

英語ページ english