スマートフォン版に切り替える

鍼灸・整体

根本から病いを治す、鍼灸治療

腰痛、五十肩、頭痛、膝痛など身体各部の痛みやしびれ、めまい、冷え症、肩こり、不眠症、自律神経失調症などの不快な症状、生理痛、生理不順、更年期障害などの婦人科疾患、その他、病院の検査で原因がわからない体調不良など、お気軽にご相談下さい。

ハリやお灸は、なぜ効くのでしょうか?
私たちの身体は「自動車」や「冷蔵庫」と違い、油を注したり部品を変えたりネジを締めれば故障が直る、というわけにはいきません。病気には、精神状態や環境、食生活、体質などさまざまな要因が複雑に絡み合っています。
鍼灸は心身の働きを大自然の一部、または「小宇宙」としてとらえ、カラダ全体を丸ごと”ホリスティック”な観点から治療をするものです。転んで擦り傷を作っても数週間後には再び新しい皮膚が再生するように、私たちの身体には自然に治る力が備わっています。鍼灸は病気がより深刻になるのを未然に防ぎ、誰もが持っている自然治癒力を最大限に引き出す治療です。

やさしい整体で骨格を調整

悪い姿勢や身体の使い方で筋肉が過度に緊張すると、そこにコリや痛み、時にはシビレ感が生じます。痛みやシビレがあると、周辺の筋肉はさらに緊張が高まり、血流が阻害されてしまいます。また、姿勢や歩き方など長年のクセで生じた筋肉の疲労や過緊張が、血行不良や関節/骨盤のわずかなズレや変形を招き、痛みや体調不良の根源になっていることがあります。痛みがあると周囲の筋肉や神経の働きが落ちるため、そのままにしておくとさらに関節の変形やズレが進みます。当院の整体治療は機械はいっさい使わずに、ポキポキしないやさしい手技療法で関節や骨盤を調整します。
さらに左右の骨盤の位置と角度を正常方向に矯正すると、腰、股関節、ヒザ、首、肩などの痛みや不快感が減少し、腸や膀胱、生殖器などの骨盤内臓器の働きも大幅に改善されます。慢性的な腰痛、肩こり、不妊症や生理痛など婦人科系疾患の治療には、鍼灸と骨盤矯正を併用することで治療効果をより長く維持することができます。

症状が軽減してきたところで、腰痛にならない姿勢、骨盤内の血流を維持する運動方法、五十肩にならない腕の使い方、ヒザが変形しない歩き方、脳の血行を妨げない座り方、代謝を上げる足湯の方法など、ご自宅でできる正しい身体の使い方や運動法をご指導します。

気の流れの通り道「経絡」

経絡(けいらく)をご存知ですか。ツボが駅だとすると、経絡は始発から終点まで駅と駅を結ぶ線路です。「気」はこの経絡の上を一定方向に流れています。この流れが滞ったり止まったり細くなったり、反対方向に流れてしまうのが「病気」です。鍼灸では経絡=線路の掃除や補修をすることができます。薬を使わずに治療をするので、副作用の心配がありません。

英語ページ english