スマートフォン版に切り替える

不妊治療について

妊娠力を高める鍼灸治療

なかなか妊娠しない…もしかして不妊症?
そんな不安が頭をよぎったとき、多くの女性がまず婦人科を訪れることと思います。西洋医学の不妊治療は、超音波エコーで卵巣や内膜の状態をチェックしたり、血液検査でホルモン値を測定して排卵時期を特定することもできます。投薬により複数の卵子を同時に育てたり、精子と卵子を体外で受精させて培養し子宮に移植する、という素晴らしい技術もあります。

しかし、それでもなかなか出産までたどり着けない…というご夫婦も少なくありません。

そんな時に、東洋医学でお手伝いできることがあります。

それは、卵子や精子、子宮内膜の「質」を高めること。

運動不足、ストレス、過労、冷え、偏った食生活、添加物や化学物質、電磁波、睡眠不足…。現代社会で私たちは、生殖能力を落としてしまう要因に囲まれて生きています。病気の一歩手前の「未病」の方が多く、排卵をして月経が来ていても、妊娠しづらい状態であることが多々あります。ホルモンバランスが崩れることで様々な婦人科疾患を発症する場合もあります。そのままの体調では自然妊娠はもちろん、体外受精でも成功する確率は高くありません。

鍼灸治療を定期的に行うことで、身体の気・血・水の流れが改善し、より「健康」な状態に近づきます。あたりまえのことではありますが、より「健康」であることが、本来備わっている「生殖能力」「妊娠力」を最大限に引き出すことになります。

鍼灸治療は高度生殖医療と併用可能

当院の不妊鍼灸治療では、生理痛が減少し月経血に塊が混ざらなくなったり、排卵期の帯下の量が増えたりなど、患者様自身が体調の変化を実感していただけるようにすることを大切にしています。基礎体温のグラフにも変化が現れます。高温期と低温期がきれいにでるようになるとともに、月経周期が安定します。質の高い卵子と子宮内膜を形成するためにはとても大切なことです。また、不妊に伴う強いストレスは自律神経の働きを阻害し、血流やホルモン分泌に悪影響を与えることがわかっていますが、鍼灸には自律神経のバランスを整え、ストレスを緩和するリラックス効果もあります。これだけで自然妊娠に至る方もすくなくありませんが、自然妊娠をしてもおかしくない体調に近づけておくことにより、人工授精、体外受精、顕微授精などの成功確立も飛躍的に上昇します。

2002年にドイツで発表されたデータによると、体外受精で鍼灸治療を併用した場合、成功率が50%近く上昇するとされています。鍼灸を併用したグループの妊娠率が42.5%だったのに対し、鍼灸を受けなかった対照群では26.3%の妊娠率でした。このときの治療では、移植の25分前と移植の25分後に鍼灸治療をしています。当院でも受精卵の移植前と移植後、またはそのどちらかにご来院いただき、着床を促す鍼灸治療をご提供しております。

不妊鍼灸治療はより早い妊娠を目的とした治療ですが、心身全体のバランスを整える治療でもあります。婦人科系の症状はもちろん、肩こり、冷え性、むくみ、不眠、便秘、慢性疲労、自律神経失調症などが同時に改善され、心身共に健康な母親となる準備が整います。

不妊治療と整体・骨盤矯正

当院では不妊鍼灸治療に、必要に応じて整体と骨盤調整をプラスしております。骨盤内には大切な子宮や卵巣があり、妊娠中は赤ちゃんが育つゆりかごとして機能しなくてはなりません。間違った身体の使い方や姿勢により筋肉が強ばり骨盤に歪みが生じると、骨盤内の子宮や卵巣も歪み、血流が低下して冷えたり、ホルモンバランスが乱れたり、卵巣から排卵された卵子を子宮内に取り込むことができないピックアップ障害の原因になります。当院では鍼灸の効果を最大限に引き出すために、骨盤矯正と整体を組み合わせた不妊治療をいたします。

英語ページ english