スマートフォン版に切り替える

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と妊活

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と妊活

不妊と関わる病気

PCOSと戦いながら妊活をされている方がここ数年増加しているように感じています。

PCOS=多嚢胞性卵巣症候群とは、未熟な卵胞が卵巣にたくさんみられ排卵がスムーズにいかない状態です。LHや男性ホルモン値が高い、毛深い、ニキビができやすい、肥満などのサインがみられなくても、未成熟卵や空胞卵、遺残卵胞に悩まされている女性が多くいらっしゃいます。

この疾患は、血糖値の状態と関係していると言われています。血糖値と言うと糖尿病を連想しますが、実は生殖ホルモンとも大きな関わりがあります。

食べ物のほとんどは消化されてグルコースという糖になり、膵臓から分泌されるインスリンの力を借りてエネルギーとして細胞で消費されます。摂取される糖分が多すぎると、細胞がインスリンに反応しない状態になってしまうことがあり、『インスリン抵抗性が高い状態』または『高インスリン血症』と呼ばれています。

日本人のインスリンを分泌する能力は欧米人に比べて低く、その結果肥満でなくても血糖値が高い方が多くいます。さらに最近では、日本人の食生活が欧米化しているということも影響し、PCOSや糖尿病のみならず、インスリン抵抗性が高い方が増加しているのではないかと思います。

血中のインスリンが多い状態が続くと男性ホルモンが増えてしまい、視床下部や下垂体から出る生殖に必要なホルモンのバランスが乱れ、妊娠しづらくなります。

このような症状でお悩みの方は食生活や生活習慣を変える事はもちろんですが、鍼灸治療を定期的に行うことでホルモンバランスや月経サイクルが改善されたという研究結果もあります。

PCOS女性に対する鍼灸治療の効果がスウェーデンの研究で示されたのでご紹介したいと思います。

鍼灸治療によって、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)による月経不順が緩和したり、テストス
テロンレベルが低下する可能性のあることが、スウェーデンで実施された試験で明らかにな
りました。 英語のサイトはこちら→

84名のPCOSの女性をランダムに3グループ、低周波の電気鍼による鍼灸治療を4か月受けるグループ(33名)、心拍数のモニターを与えられ、週 に3回の運動に取り組むグループ(34名)、そして、運動と食事改善の重要性を指導されただけで何もしなかったグループ(17名)に分けたところ、鍼灸治 療を受けたグループと運動に取り組んだグループの女性は、筋交感神経活動が低下し、鍼灸治療を受けたグループの女性は、他のグループの女性に比べて、さら に、月経不順が改善されたり、テストステロンが低下が確認された女性の割合が高かったとのこと。

PCOSの女性の中には自律神経のバランスが崩れている方が多く、今回の試験では鍼灸治療で交感神経の優位が緩和されることで症状の改善につながる可能性が示されました。

PCOSの方の不妊治療法は排卵誘発剤を使い卵胞の成長を調整しますが、これはあくまでも対処療法となります。鍼灸治療で根本的に体質を改善をし、食事や運動などのライフスタイルを見直す事が妊娠力アップに繋がります。

当院では、一人一人の患者様のライフスタイルに合わせた食事や運動の指導も行っていますので、ぜひご相談下さいませ。

次回はPCOSの方へのおすすめの食事法をご紹介致しますので、お楽しみに♪

妊活:7月の注意点&お灸点

妊活:今月の注意点

あと数週間で梅雨が明ければ、夏本番! 暑さに負けずに元気に過ごしていきたいですね。

一日も早く赤ちゃんに出会えるように、7月は下記のことに気を配りながら治療後をお過ごしください :-) 

★暑くなることで身体の中に熱がこもりやすくなります。しっかりと汗をかいて熱を発散していきましょう。早朝の有酸素運動(ウォーキング)がオススメです!

★冷たい食べ物を避け、夏野菜をしっかり摂りましょう。暑いからといって冷たい物ばかりを口にしていると胃腸の調子を悪くしてしまいます。夏野菜には、身体を冷してくれる効果があり、夏バテを防いでくれるビタミンも豊富。冷たい物を食べるのではなく、夏野菜をたくさん摂って身体の熱を冷ましていきましょう。ただし冷え症の人は、食べ過ぎに注意して下さいね。

★冷たい物をゴクゴク飲まないようにしましょう。どうしても冷たいものが欲しい時には、氷をひとかけら、口に含んでみてください。

★冷房に要注意! 室内では膝掛けやレッグウォーマーなどを使い、下半身を冷さないようにお過ごしください。薄手のカーディガンなども持ち歩いて電車内の冷房対策も万全に! 

 

今月の灸点 「復溜 ふくりゅう」

身体に熱がこもった状態が続くと、身体のうるおい分が蒸発して減りやすくなります。すると自分の力で熱を発散することができなくなり、どんどん身体の熱は増していきます。

そのため7月の暑い季節には、のぼせやすかったり寝汗をよくかくなどの症状がよくみられます。

そんな時には「復溜」がおすすめ。場所は足首の内側にあり、内くるぶしから指3本分上、アキレス腱の前にとります。

復溜にお灸をすえると、身体の潤い分を増やし熱を冷ましてくれます。

さらにこの潤い分は卵子が育つ際に必要な栄養分にもなっていたり、子宮内膜の潤いにも関係しています。のぼせや寝汗の症状のある方はそのままにせず、しっかり改善しましょう。

 

復溜

 

東洋医学では、四季折々に適した生活を送ることによって健康を保てると言われています。

7月は、暑さで熱がこもりがち。潤い分を増やして身体のバランスを整えましょう。

I様(37歳)、鍼灸治療でリラックス!人工授精・体外受精を経てついに出産。

患者様のお声 〜出産報告〜

当院に通院されていた患者様が無事に初めての赤ちゃんを出産され、嬉しいご報告をいただいたのでご紹介いたします。

I様は、来院される半年前からタイミングをとりはじめていらっしゃいましたが、妊娠に至らなかったため1〜2ヵ月前から病院へ通い始めました。病院ではPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されており、以前から生理が不規則だったそうです。そこで鍼灸治療をとおしてご自身の体調を整えていきたいと鍼灸治療を開始されました。治療をしていく中で少しずつ体質が変わっていき、治療開始から1年足らずで体外受精が成功し妊娠されました。つわりの治療に加え、もともとあったアトピー性皮膚炎の治療をしながら、里帰りするまで通院されました。

 

①ご出産のときの様子を簡単にお願いいたします。(陣痛・破水・分娩時の状況など)

促進剤使用→バルーン→人口破水→帝王切開で出産

   (子宮口がなかなか開かなかった為)

②当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化してきましたか。

とてもリラックスできました。

③当院に通院して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか。

妊娠出来た事、その後も色々アドバイスを頂けて助かりました。

④治療中の過程で印象に残っているエピソードがあればお聞かせください。

妊娠中凝り固まった身体を入念に揉みほぐして頂けて、とても楽になりました。

⑤同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

ストレスをなるべく溜めない様に、リラックスした状態で治療できれば、いい結果につながると思います。

 伊藤さま出産

I様、アンケートのご協力ありがとうございました。

ご出産は少し大変な思いをされたようですね。今回は里帰り出産のため、残念ながら陣痛促進の治療など出産直前までの治療ができませんでしたが、無事にご出産されたこと本当に嬉しく思います。

産後のケアもしっかりさせていただきますので、何かありましたらいつでもご連絡くださいね。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

F様(37歳)出産のご報告をいただきました!

患者様のお声 〜出産報告〜

以前、当院に体外受精の準備のために通院されて、思いがけず自然妊娠されたF様の声をお届けしました。

妊娠のご報告はこちら→

その後、無事にご出産され、嬉しいご報告をいただきましたのでご紹介いたします。

 

①ご出産のときの様子を簡単にお願いいたします。(陣痛・破水・分娩時の状況など)

出産予定日の当日になっても陣痛が始まる気配がなかったので、いつも通りセラキュアさんへ行き、陣痛促進のお灸をしてもらいました。赤ちゃんがおりてくるようにさらしも巻いてくださったので、その日は出産をイメージしながら歩いて帰りました。翌日、21時頃から陣痛が。先生と話していた“波に乗るようなイメージで”陣痛をひとつひとつ乗り越え…病院に到着して2時間後に出産。分娩時間は6時間半の安産でした。

②当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化してきましたか。

妊活中から出産までのあいだ、先生と色々なお話をすることで心穏やかに過ごすことができました。

③当院に通院して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか。

2年ほど他の病院へ不妊治療に通っていましたが、セラキュアさんへ通いはじめてから3ヵ月ほどで自然妊娠できたことが嬉しかったです。

④治療中の過程で印象に残っているエピソードがあればお聞かせください。

体を冷やさないように意識するようになりました。毎回丁寧にヒアリングしてくださるので、自分自身の状態を振り返る機会にもなって、とても良かったです。

⑤同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

人それぞれかもしれませんが、私はセラキュアさんへ通って、担当してくださった先生と一緒に体を整えていく治療を積み重ねて来られた事が結果につながったのではないかと思っています。

藤井さま出産

 

F様、アンケートのご協力ありがとうございました。陣痛促進と安産の鍼灸治療のあと、無事にご出産をされたようでスタッフ一同ほっと安心しております。子育て、がんばってくださいね :-)  

妊活:6月の注意点&お灸点

妊活:今月の注意点

妊活中の皆様。鍼灸治療の効果を最大限に引き出し、より長く維持していただくためには、皆様のご協力が不可欠です。

一日も早く赤ちゃんに出会えるように、6月は下記のことに気を配りながら治療後をお過ごしください :-) 

★そろそろ梅雨時です。足元が濡れて冷えないように「雨の日の素足でサンダル」は避けましょう。

★あちらこちらで冷房が入ってきました。足首が冷えないように靴下でしっかりガードしてください。

★ジメジメした日は「湿邪」という邪気が体に溜まりがち。足が浮腫みやすい方は骨盤内の血流も滞りやすいので、ウォーキングなど下半身の筋肉を使う有酸素運動をしながら汗をかきましょう。

★食べ物の腐敗に注意。特に排卵後や移植後の妊娠の可能性がある時には、吐いたり下痢をしないように気をつけて!

★暑いからといって冷たい飲み物をたくさん飲むのは、身体を冷す原因になります。暑くても常温のものか、温かい飲み物を飲むようにこころがけてください。

 

今月の灸点 「豊隆 ほうりゅう」

ジトジトしたお天気で、何となく身体が重いわぁ。。という時にオススメのツボです。

場所は、足の外側にあり、膝と外くるぶしのちょうど中間点。すねの骨から指2本分外側にとります。

豊隆に、お灸をすえると胃腸の調子が整い、下半身の重だるさを解消してくれます。

豊隆

 

東洋医学では、四季折々に適した生活を送ることによって健康を保てると言われています。

6月は、梅雨時で湿気が多くなり、身体の中にも水分がたまりやすくなります。

汗をかきながら、しっかり代謝をあげていきましょう!

 

 

 

K様(42歳)ご出産の報告をいただきました!

患者様のお声 〜出産報告〜

以前、当院に通院されて妊娠されたK様の声をお届けしました。

妊娠のご報告はこちら→

K様が無事に出産され、ご報告をいただいたのでご紹介いたします。

①ご出産のときの様子を簡単にお願いいたします。(陣痛・破水・分娩時の状況など)

子宮筋腫摘出の開腹手術を受けていたため、予定帝王切開での出産でした。子宮外妊娠した際に腹腔鏡手術も受けていたので、子宮の手術は3回目だったことから癒着がひどく、通常の帝王切開と比べて倍以上の手術を要しました。出血も多かったようですが輸血はせずにすみました。

②当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化してきましたか。

出産後はしばらくは貧血で体調がすぐれないうえに慣れない育児で体がボロボロでした。子供がいるので出産前ほど頻繁に通えなくなりましたが、治療を受けて徐々に体力が回復していきました。

③当院に通院して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか。

毎日の子供の世話で忙しく、自分のケアは後回しになりがちですが、治療受ける際に自分の状態をお伝えすることによって、自分自身のことを振り返ることが出来たことは良かったと思います。

④治療中の過程で印象に残っているエピソードがあればお聞かせください。

治療のたびに娘の成長について話を聞いて頂いて有難いと思っています。育児中は家族以外の方とお話する機会が少ないので。

⑤同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

育児は体力的に大変ですが、楽しいです。不妊治療中は先の見通しが立たずつらいことも多いですが、娘がうまれてくれて、諦めずに治療に取り組んでよかったと思います。

金谷さま出産

 

 

K様、アンケートのご協力ありがとうございました。

子宮外妊娠や子宮筋腫の手術などなかなか思うように進めず焦ることもあったと思います。ですがつらい時期を乗り越え無事に出産されたことを本当に嬉しく思います。これからも家事と育児で疲れたお身体をしっかりサポートさせていただきます!

I様(31歳)不安を乗り越え、初めての体外受精で妊娠!

患者様のお声 〜妊娠報告〜

皆様こんにちは。

当院に通院して妊娠された患者様の声をお届けいたします。

I様は、ご結婚後すぐに病院でブライダルチェックを受けられたそうです。そこでは特に問題はありませんでしたが、病院でそのままタイミング指導を受けられていました。しかし半年経っても妊娠することができなかったため、人工授精へとステップアップ。人工授精でも結果がでなかったので体外受精へと進めていくことになり、一日でも早く妊娠をしたいと思い来院されました。

普段から緊張しやすいとのことで、初めての移植に向けてお身体はもちろん、心の平穏を保つための鍼灸治療もいたしました。そして移植日には着床鍼(→)をお受けいただき、判定日に無事陽性のご報告をいただきました! 

週に一回、移植に向けた治療5回での妊娠となりました。その後も妊娠中の体調管理で通院を続けていただいており、現在は無事に安定期を迎えていらっしゃいます。

 

①当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化してきましたか?

体外受精後のとても不安な時期に毎週通わせていただきました。

その日の体調や病院での結果などいろいろ話を聞いてもらえたことが心強かったです。

ネガティブにネット検索を繰り返すことがなくなりました。心身共に安定しました。

②当院に通院して1番良かったこと嬉しかったことは何ですか?

着床や妊娠の継続を一緒によろこんでくれたこと。

体調に合わせたアドバイスも毎回勉強になりました。

③治療中の過程で、印象に残っているエピソードがあればお聞かせ下さい。

血流が良くなりすぎてめまいがしてしまったことがありましたが、お水を持ってきてくれてすぐ対応していただけました。それからはあおむけから姿勢をかえるタイミングで、いつも「水分とりますか?」など気にかけていただき有り難かったです。

④同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

不妊治療はなかなか周りの人にも相談できず、うまくいかない時は自分を責めがちだと思いますが、定期的に鍼灸院に通うことで自分の体の状態を知り、話を聞いてもらうことで気持ちが楽になると思います。私はとにかく不安でいっぱいだったので、「脈がしっかりしているから大丈夫」と言葉をかけてもらえただけでも通ってよかったです。一人でかかえこまないためにも通院はオススメです。

 

飯塚さま妊娠

 

I様、ご協力ありがとうございました。現在は、つらいつわりを乗り越え妊娠中期です。これから安産にむけてしっかサポートさせていただきます!

Q. 移植予定です。着床鍼の予約はいつ取れば良いですか?

不妊症の鍼灸Q&A

セラキュアでは、受精卵の着床を促す「着床鍼」という治療をご提供しています。着床鍼をお受けいただけるタイミングは、移植する受精卵の状態によって決まります。

詳細はこちらをご覧下さい→

移植の予定が決まりましたらすぐに、お電話 03-3491-4589 または予約フォーム→にて治療日をご相談のうえご予約ください。不妊治療の中でも特に大切な治療ですので、できるだけご希望に添えるようにいたします。

当院が初めての方、鍼灸治療が初めての方は、移植の前に何回か治療をお受けいただくとお身体が鍼灸の刺激に慣れ、着床鍼をよりリラックスして受けていただけると思います。

また移植前の鍼灸治療は骨盤内の血流がアップするので、子宮内膜のクォリティを高める効果があります。

今までの移植でなかなか上手くいかなかった方は、移植周期に入る前に、できるだけ早くから週一回くらいのペースで準備を進めていくことが理想です。

移植当日に思い立ってお電話をくださる方もいらっしゃいますが、ベッドに空きがあれば、できる限りの治療とアドバイスをさせていただいております。

当院に通院中の方は優先して「着床鍼」のご予約をお取りいたしますので、移植周期に入ったら担当鍼灸師にご相談下さいませ。

 

子宮筋腫と妊活

病院の検査で指摘されたり、だんだん塊が大きくなってきたり…妊活中に子宮筋腫のことで悩んだり不安を抱いている方が多くいらっしゃいます。

30代では約20%〜30%、40代では40%以上もの方に子宮筋腫があると言われています。

筋腫があっても問題なく妊娠・出産する方がたくさんいらっしゃいますが、着床の妨げや早産の原因となる場合もあるため、できるだけ改善していきたいものです。

image1 (19)

子宮筋腫は西洋医学では原因不明とされていますが、なんと東洋医学では「塊ができやすい体質」というのがあり、それを改善していくことで子宮筋腫ができにくい身体を作っていくことができます。

 

まずは子宮筋腫とはどういったものなのか、病理学的な観点からみてみましょう。

 

すでに知っているよ〜という方は「では、東洋医学ではどんなことができるのでしょうか?」まで飛ばして下さいね。

 

子宮筋腫は、子宮の壁にできる良性のかたまり

筋腫ができる原因は不明ですが、閉経後には縮小し、発症も激減するため女性ホルモンであるエストロゲンが関与していると考えられています。

症状は、大半が無症状のため自覚の無いケースが多いですが、筋腫の大きさや発生している場所によっては、貧血や月経過多、月経痛などを引き起こすこともあります。グレープフルーツくらいの大きさになることもあり、そうなると腸や膀胱など周辺臓器を圧迫してしまうこともあります。

筋腫のできる場所は、子宮の壁の外側・内側と様々で、その中でも内側にできるものが着床の妨げになったり、流産の原因になったりします。また、内側にできていなくても、かたまりの大きさや数によっては妊娠率の低下に繋がることがあります。

西洋医学的な治療方法としては、基本的に良性腫瘍のため温存するケースが多いですが、妊娠の妨げになっている場合には腹腔鏡下手術で摘出が必要になります。(妊活中でない場合は、子宮の全摘を勧められることもあります)

 

 

では、東洋医学ではどんなことができるのでしょうか?

 

 

東洋医学では血の滞り(瘀血)が原因となり筋腫が発生すると考えられています。体質によって血の滞りが起こる原因が違うため、筋腫のある方全員に同じ治療をしていくわけではありません。お話をお伺いして体質を判断し、一人ひとりに合わせた治療プランを作成いたします。

 

下記に症状ごとにタイプ分けし、それぞれの養生法などをまとめてみました。ご自身が当てはまるタイプを探してみて下さいね。

*実際の治療の現場では、問診と触診、脈や舌の状態を考慮して体質を確定します。下記はあくまでも簡易診断であり、実際には2〜3タイプにまたがっていたり、どれにも当てはまらない場合もあります。

 

★生理前のイライラ・緊張感がある、経血が黒く塊が混じる、生理痛が辛い → Aタイプ

★痙攣を伴う生理、冷えを感じる、経血が赤く小さい塊が混じる、生理が遅れやすい → Bタイプ

★下腹部が重く感じる、肥満、痛みの強い生理 → Cタイプ

★重苦しい痛みの生理、生理周期が不規則、疲れやすい、視界がぼやける → Dタイプ

★倦怠感、腰痛、頻尿、冷え、耳鳴りなどの症状がある → Eタイプ

 

 

A 気が滞ることによっておこる瘀血タイプ

ストレスなどを抱えやすく精神的な緊張から気を滞らせてしまう傾向があります。気を巡らせるためには、ウォーキングなどの適度な運動を心がけ、春菊やセロリなど香りの強いお野菜を召し上がるようにして下さい。また、柑橘系の香りや食材も気を巡らせてくれますので、グレープフルーツやオレンジを積極的に摂っていただき、同様にアロマオイルなども使っていくことをオススメします。

 

B 冷えが原因による瘀血=ヘドロ血タイプ

骨盤内が冷えていることにより血の滞りが生じています。まずは、身体を温める食べ物を召し上がってみてください。生姜やシナモン、ラム肉などは身体を温めてくれます。そして、生ものや冷たい食べ物はなるべく控えるようにして下さい。また、運動をすることも大事ですが、このタイプの方は疲れすぎない程度に身体を動かして下さい。

 

C 水の巡りが悪く痰湿と瘀血が同時に起きているタイプ

痰湿とは、本来であれば身体に潤いを与える水分が、ドロンと煮詰まりよどんでしまっている状態の事です。

新陳代謝が悪く余計な水分を身体の中に溜めてしまう傾向があります。まずは水分代謝をあげていきましょう。過食やアルコールをたくさん飲むことは控えて、腹八分を心がけて下さい。食物繊維の多いものをたくさん召し上がっていただくこともオススメです。また、デトックス作用のある、はと麦茶やどくだみ茶なども良いですね。有酸素運動をこころがけて汗を流して代謝を上げましょう。

 

D 血と気のエネルギー不足である血虚と気虚を伴った瘀血タイプ

*血虚とは、本来あるべき量より血が少ない状態のことを言います。同じように気虚は、気=エネルギーが足りていない状態のこと。

気と血の両方が不足してしまっているこのタイプの方は、それぞれを補ってくれる食材を積極的に摂るようにしましょう。気を補ってくれる食べ物は、山芋やお肉などがあります。血を補ってくれる食べ物は、レバーやひじき、鉄分を含んだ青菜などがあります。朝ご飯からしっかりめしあがっていただき、夜は夜更かしをしないことが大事です。また疲れたときには、きちんと休養を取るように心がけてください。

 

E 腎陽虚と瘀血が同時に起きているタイプ

腎は、エネルギーを蓄える生命力の源のような機能を果たしています。また、成長や発育、生殖などにも関わる大切な所。そして陽は、温める力の大元。その腎と陽が弱くなっている状態のことを腎陽虚と言います。

腎は、元気の素であり赤ちゃんを作る力をサポートしてくれる大事な機能です。腎を補ってくれる黒ごまや黒豆、ひじきなどの色の濃い食べ物を積極的に摂って下さい。また足腰を冷さないようによく温めていただくことも大事です。

 

ご自身にあてはまるタイプはありましたか?

このように東洋医学をベースに、ご自身の生活習慣や食事を変えていくことにより、より筋腫のできにくいお身体を作っていくことができます。すでに筋腫がある方でも、これ以上大きくならないようコントロールしていくことができます。

子宮筋腫を抱えながら妊活をされていらっしゃる方、大きな筋腫の症状でお悩みの方、鍼灸治療で根本の体質から改善していくことができますのでぜひご相談下さい。

A様(42歳)、陣痛促進の鍼灸にびっくり、陣痛後のスピード出産

患者様のお声 〜出産報告〜

以前、当院に通院されて妊娠されたA様の声をお届けしました。

妊娠のご報告はこちら→

A様が無事に出産され、ご報告をいただいたのでご紹介いたします。

 

①ご出産のときの様子を簡単にお願いいたします。(陣痛・破水・分娩時の状況など)

一人目ーーー里帰り出産だったため、出産の2ヵ月前くらいで通院をやめてしまいました。出産は17時間かかりました。

二人目ーーー出産前日まで通院させていただきました。予定日を過ぎていたため、出産を進ませるような施術をしていただきました。当日は、お腹が痛くなり始めたものの、痛みが弱かったため陣痛ではないと思い込み、間隔が10分位になってから病院にいきました。「子宮口の開きは程よいけど、陣痛が弱いですね。」と言われて油断していたのですが、急に陣痛が強くなり、そこから30分程度で出産となりました。陣痛が10分間隔になってから4時間のスピード出産でした。

②当院に通院するようになって心身の状態はどのように変化してきましたか。

③当院に通院して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか。

④治療中の過程で印象に残っているエピソードがあればお聞かせください。

一人目のときは経験しなかった、出産を進めるお灸が結構熱くて印象的でした(笑)

逆子を直すお灸はすごく熱いとお聞きして、しなくて済んで良かったと思っています。

⑤同じような症状で悩んでいる患者様へアドバイスやメッセージをお願いします。

 

あじの様出産

 

A様、アンケートのご協力ありがとうございました。お二人目は予定日を過ぎてから陣痛を促進するための鍼灸治療をさせていただきましたが、効果がきちんと出たようで良かったです 😛